体罰

 大阪の高校で、部活顧問の体罰を苦に男子生徒が自殺してしまうという痛ましい事件がありました。
えっ?いまどき?と思いましたが、体育会系の強い学校では体罰はまだまだあるのでしょうか?
もっとも、殴る蹴るなどがなくても、生徒の人格を否定するような言葉による暴力は、どの学校にでもあるようです。
もちろんだらけていたら、悪いことをしたら、叱ることも必要でしょう。
もっとうまくなるために注意することも必要です。
でも生徒の人格を否定する必要はあるのでしょうか?
それだって立派な体罰だと思いますけど。
あれは軍隊のなごりなのでしょうか?

 その高校の卒業生が、当時はいやだったけど、そのおかげで強くなれたし、今はその顧問に感謝している」とインタビューに答えていました。
そう受け取れる人もいるんだろうけど、そういう人ばかりではない。
そこまでして、誰かが命を落とすところまで追い詰めてまでして、勝つことに意味はあるのでしょうか?
私が体育会系の人間ではないからなのかもしれませんが、やっぱりその顧問のしたことが正当であるという納得はいきません。
「死んでしまったのはその子が弱いからだ」という風潮にだけはなってほしくないものです。


JUGEMテーマ:ニュース

スポンサーサイト

  • 2017.12.15 Friday
  • -
  • 17:49
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
コメント
体罰・・・
現代社会における体罰は、私が学生の頃のソレとは大きく違うようですね。
私はですね、正しい体罰は有って然るべきと言う考えです。
なぜならば、私らの世代は父や教師に殴られるなんて事や蹴られる事など、普通に有りました。
そして、そんな程度の事で自殺などする者は居ませんでした。
こういう問題は実に多岐に渡った問題だと思います。
まず、学校側だけではそもそもどうにも出来ない。
そもそも、親がもっと子供を精神面において強く育てる必要性も感じますね。
ハッキリ言って、ある時期から、私は若者、子供、精神面でとんでもなく弱いと思っています。
学校側の教師も、実に情けない教育者とは言えない人も増えたのかな?と思います。

何が一番原因か?
私の考えでは、加減を知らない事が何よりもマズイのではないのか?と思っています。
イジメにしても、やり過ぎ。
体罰にしてもやり過ぎ。
これが最も駄目な事であると思います。
あまりにもゆるくすれば、今度は学生がつけ上がります。
なんとも、生意気な子供も居ますよね?
ハッキリ言って、相手が子供でも蹴り入れたくなる場合有りますよw
まさかやりませんけど。

そういうわけで、単に体罰が悪いでは済まないんですよ。
私は、体罰によって学んだ事も多かったです。
やはり、悪い事をすれば、痛い思いをする。
そういう事を知るには非常にわかりやすい。
あと、言っても聞かない相手にはそれ以上の事をする必要性は有ると思います。

まとめましょう。
ある時期からの体罰は、単なる暴力である事が多く教育の一部ではなくなった。
全て学校任せで、責任を学校に押し付ける親にも大きな責任が有る。
まず、強く育てろ。
教師は感情で殴る蹴るするような奴は教師辞めろ。

そう思います。

私が子供〜学生の頃、体罰で汚したり、自殺した人はおりませんでした。
少なくても私の周囲ではね。
駄目教師と、駄目親が多すぎるんです。
それが全て。
  • L
  • 2013/01/10 6:17 PM
>私が子供〜学生の頃、体罰で汚したり、自殺した人はおりませんでした

体罰で汚したり・・・
ではなく、
体罰で怪我したり・・・
でした。
  • L
  • 2013/01/10 6:21 PM
まあ、上記の意見は・・・

私は幼い頃から空手や柔術を習い続け、肉体も強く、
精神も弱くは無かったし、喧嘩もしまくり、とにかく暴れん坊だったんで、
きちんと殴って体当たりで私に接した先生たちに感謝してます。
いざとなれば、私に負けるのを覚悟でも向かって来た先生がたを今も尊敬しております。
彼らは感情で私に向かって来たのではないのがわかります。
身を呈してでも、私の過ちを正そうとしたのだと思います。

そんな教師が居ればねえ・・・
逆に体罰など自然に無くなって行くのではないか?と思います。
  • L
  • 2013/01/10 6:25 PM
私の父は私に格闘技を教えましたし、喧嘩になるならすればいいと言いましたが、
絶対致命傷を与えてはいけない、相手が謝ってるなら、即座に攻撃を止めろ、謝らなくても明らかに己の方が力が上と確信した時点で攻撃を停止せよ・・・
などと言う事を教えました。
あと、自分からは絶対に攻撃するな。

です。

私の父は軍隊経験者です。
まあ、終戦間近にチラっと居た程度ですけどね。
特別攻撃隊に入隊したいと思い志願してテストを受けるような人間です。

まあ、だから、ジャスミンさんなんかには私が言ってる事は理解し難いかもしれないですけどね。
  • L
  • 2013/01/10 6:31 PM
最後に、誤解無きよう書いておきます。

体罰だろうが、イジメだろうが・・・
自殺は逃げでしかないと言う事です。
自分だけで解決出来ない場合の助け舟が存在していないなら、
その状況を造っている事にも目を留めないとなりません。
これは、実に難しい問題なのだと思います。
学校側を責めるだけでは絶対解決しません。

まあ、それを言いたかったんです。
体罰、どんどんやれや!って事ではないのです。
とにかく、死んでしまう事は、逃げであり、負けです。
完敗です。

完敗せず、完全勝利する正しい方法を教育に携わる人間以外も考えて行かなくてはならないと思います。
場当たり的な事では絶対解決しません。

私もがんばります。
  • L
  • 2013/01/10 10:44 PM
しつこくてごめんなさいね。

>「死んでしまったのはその子が弱いからだ」という風潮にだけはなってほしくないものです。

ジャスミンさん、実際弱いんです。
その子だけではなく、弱い子供、若者が多いと思います。
大人でも実に軟弱な人が増えたと思います。


私も実は学生の頃、やけに幅利かせてるって事で、、、
10人くらいで私にヤキを入れると言う計画が有る事を知りました。
私は、それを知ったので、一人づつ後を付けて、叩きのめし、家の前で待ち構え、叩きのめし・・・
次々、叩きのめしました。
そして、「いつでも相手になってやる、何処からでもやっこい」と宣言しました。
「その代わり、お前ら全員ぶっ殺す・・・わかったな?覚悟しておけよ」と言いました。

で、イジメられませんでした。

世の中、そんなもんなんですよ。
  • L
  • 2013/01/11 12:18 AM
学校の先生に対しても、二発目まではあえて殴らせましたが、
「先生、その辺にしないと俺、、、反撃しますよ」と言いましたら、そこで終わりました。

世の中ってね、そんなもんなんですよ。
  • L
  • 2013/01/11 12:27 AM
Lさん
今回の教師がどのような意図で体罰をしたのかは推測しかできませんが、私には感情的に、八つ当たり的に、あるいは見せしめ的にこの生徒を殴ったように思えてならないのです。
そして「弱いから死んでも仕方ない」とか「弱いから死ぬんだから、体罰は問題ない」という結論になって、体罰が正当化されてしまうことがすごく怖いと思います。
  • Jasmine
  • 2013/01/11 6:05 PM
>「弱いから死んでも仕方ない」
>「弱いから死ぬんだから、体罰は問題ない」


こうはなりませんし、私もそういう内容は書いてません。
学校、教師、教育委員会、それらだけに丸投げが駄目だと言うのが私が一番思っている事なのです。
いかなる理由が有ろうとも、自殺はしちゃいけないのです。
しちゃいけない事をしないようにするには、学校側だけでは無理なのです。
いじめに関しても、非常に歯がゆいのですが、立ち向かう力を子供に持たせる必要性を感じます。
更に、どうしても駄目って時の逃げ場が必要なのです。
どうも、マスコミの報道を見ていると、いじめにしても、自殺、今回の体罰にしても・・・
まあ、今回のは体罰と言うより傷害と言えると私は思いますが・・・
とにかく、学校側に責任を押し付けているならば、絶対、今後何も解決しません。
下手すると、異常な粛清が蔓延するだけになるかもしれないと思っております。

まずは・・・親なんですよ。
幼い頃からの親の教育。
そこが土台としてシッカリしてないと、いっくら他で頑張っても場当たり的な対処しか出来ないと思っております。
自殺は、理由がなんであれ、逃げ です。
恐ろしいとか、もうやだ、とか、苦しいとか、人生にはいろんな事有るんですよ。
そんな中でも、とんでもなく、しぶとい人間造りが今とても必要なんだと思っております。
そしてね、ジャスミンさん、強くはなれるんです、誰でも。
肉体的な意味だけではなく、精神も。
30発だか、40発だか殴ったとか?らしいですよね?
私なら、とっくに相手を倒してます。
何も、私みたいになれって意味じゃなくてね、なんかしら逃れる手段、私とは違う闘う手段・・・
それらを確立して行かないと、悲劇は終わりません。

結構、普段から、そういう事を私は考えています。
大人の社会でもイジメが有ったりするでしょ?
変なんですよ、そんなのは。
イジメられないように誰でも出来るはずなんです。
  • L
  • 2013/01/11 10:41 PM
Lさんがそう言いたいのではないことはわかっていますし、Lさんのようにご自身の信念を持っていらっしゃる方はいいのです。
怖いのは自分の意見を持たず、流れに乗ってそれを助長していく人たち、そしてそれを見てそれが正しいんだと思ってしまいやすい子どもたち。

異常な粛清、これも懸念されますね。
  • Jasmine
  • 2013/01/12 4:34 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Counter

ブログパーツUL5

Clock

LINKS

DFF ワンクリック募金
クリックで救える命がある。

クララさんが管理されているブログ
「いじめられている君へ」

 

けいじばん



gremz

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM