本「永遠の0」

 「永遠の0」を読みました。
映画は見ていないので、初めて手に取ったのですが、分厚くて読み応えのある本でした。

 率直な感想は、「あぁフィクションだな」ということでした。
もちろんフィクションなのですからそれでいいのですが、少し残念な印象を受けました。
戦争のこと、平和のことを考えるきっかけとしてはいいと思います。
ただなんというか、深まりがなかったかな…

 戦争や特攻の話というよりも、家族の絆という側面から読んだ方がいいのかもしれませんね。
そういう意味では、戦うってどういうことなんだろうか、自分の大切な人を守るってどういうことなんだろうかと考えさせる作品だと思います。


JUGEMテーマ:読書

スポンサーサイト

  • 2017.06.23 Friday
  • -
  • 17:49
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Counter

ブログパーツUL5

Clock

LINKS

DFF ワンクリック募金
クリックで救える命がある。

クララさんが管理されているブログ
「いじめられている君へ」

 

けいじばん



gremz

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM