今朝の大失敗…

 あはは、失敗しちゃいました^^;

 Jasmine家の朝ごはんは、トーストにコーヒーが定番。今朝もコーヒーメーカーでコーヒーを作ろうと思って、セットしスイッチオン!
 ボコボコ音がし終わって、「さぁ、飲むぞ!!」と思ってみると、ポットには透明なお湯…
そう、コーヒー豆を入れるの忘れていました…!! ショック〜〜

 今までもスイッチを入れ忘れて、いつまでもコーヒーが出来上がらなかったということは何回かあったのですが、豆を入れ忘れたのは初めて。

 ヤバイ!! こ、これって老化現象!?
いや、単なる不注意か!?


JUGEMテーマ:日記・一般

チェーンメール

「3歳児に献血を」迷惑チェーンメール、問い合わせ殺到

ニュースより
『子どもへの輸血のためRhマイナスB型の人を探している、という内容の「チェーンメール」が広がり、入院先とされた昭和大学病院(東京都品川区)や献血事業を行う日本赤十字社の医療機関などに、20日から多数の問い合わせが入っている。同病院は、メールに書かれているような事実はない、と内容を否定している。』

 昨日、私のところにも来ました!!
最初に受け取ったときから、なんか変だなぁと思い、誰にも回しませんでしたが、内容が内容なだけに、本当にその子が困っているなら薄情なことしてるかな…とも思いました。

 しかし、この手のチェーンメール、いったい誰が何のために送るのでしょうね? 確かに自分たちが小中学生のころも「不幸の手紙」とかはやってましたけど。
今はメールで簡単に転送できるし、早いし、あっという間に広がるんでしょうね。

 でもこんなことしても、その人には一文の得にもならないのになぁ。
ダーリンは、自分の流したデマで人々が振り回されているのを見るのが面白いんじゃないの、と言います。そうなのかなぁ?

 なんにせよ、皆さまもお気をつけ下さいませ。手口もどんどん巧妙になってますしね。


JUGEMテーマ:ニュース

「ソフィーの選択」

 もう一本、メリル・ストリープの映画をご紹介。
彼女が、アウシュビッツに収容されたことのあるポーランド人女性を演じた「ソフィーの選択」という作品です。

 死と隣り合わせで生きる恐怖、自分だけ生き残ってしまったことへの罪悪感の中、彼女はアメリカに渡り、自分を助けてくれた男性と一緒に暮らしています。この男性は、自由奔放で予測のつかない行動に出るため、周りを振り回すのですが、きっとソフィーにとってはそれが生きていることを実感させてくれるものであり、彼女が必死に「死」と闘うということなのだろうなと思いました。

 タイトルにある「ソフィーの選択」、それはとってもとっても悲しい選択でした。(ネタバレしてしまうのでここには書きませんが… コメント欄に書きます)このストーリー自体は実話ではないものの、おそらくそれと似たようなこと、もっとひどいこともアウシュビッツでは行われたのだろうなと思います。

 人が生きていくことは「キレイごと」ではすまされない、人間の醜い部分や恐ろしい部分があることを思わされます。いろいろと深く考えさせられた作品でした。


JUGEMテーマ:映画

めぐりあう時間たち

評価:
ニコール・キッドマン,ジュリアン・ムーア,メリル・ストリープ,エド・ハリス,トニ・コレット,クレア・デインズ,スティーヴン・ダルドリー,マイケル・カニンガム
アスミック
(2005-11-25)
 別々の時代、別々の場所に生きる3人の女性の一日が交錯する物語。
人々の人生が互いに交わり、絡み合って、時には途切れていき、時代が流れていくんですね。

 映画を見ながら「幸せ」って何なのか、考えさせられました。
幸せは人に決められるものではない。
人から見て「幸せそう」だからといって、幸せなわけではない。
人から見て「不幸せそう」だからといって、不幸せなわけではない。

 幸せかどうかは、自分が決めることなのかもしれません。
今自分が幸せだと思えたら、本当に幸せですよね。

 どなたにもおすすめの映画というわけではありませんが、しっとり、じっくり味わいたい映画を見たいという方はどうぞ!


JUGEMテーマ:映画

カストロ氏引退へ

ニュースより
『キューバのカストロ国家評議会議長(81)は19日、共産党機関紙グランマ(電子版)に寄せた書簡で、国家元首にあたる国家評議会議長を引退する意向を明かした』

 だそうですが…。告白します。
恥ずかしながら、私はカストロ議長がいまだに国家元首であったことを知りませんでした! カストロ議長と言えば歴史上の人物で、もうとっくに引退したか、亡くなっていると思っていました。
「ホテル・ルワンダ」を観たあとも思いましたが、もっと世界のことに目を向けないといけないなぁ、と思いました。

 AFNのニュースでは「カストロ議長はポストは明け渡しても、権限も明け渡すとは言っていないので実際には何も変わらないだろうというのが大方の見方である」と言ってました。
キューバのこれからが注目されますね。人々にとって少しでも生活しやすい環境が整うといいなぁと思います。


JUGEMテーマ:ニュース



確定申告提出!

 本日提出してまいりました! やった〜〜
開始時間の30分前に行ったら、すでに整理券番号20番。でも提出だけだったので、すぐに終わりました。よかった!

 でも去年と提出期間とか場所とかが変わっていたのです! 市で行う相談会と税理士会が行うものがあるらしく、それが違う期間、違う場所で行われていたのです。
確かにきちんと確認しなかったのがいけないのですが、どちらも市の広報に載っていたので違いがあるなんて知りませんでした。

 まぁ、ちょっと先の建物に移動するだけですればいいだけなのですが、高齢者の方々は困っただろうなぁ… 実際、隣の方は「あっちに行ったら、こっちだって言われるし、毎年やり方が変わってよくわからん!」と相談員さんに言ってました。
 年金の関係で確定申告をされる方も多いのですから、もう少しわかりやすくしたらいいのにな、と思います。

 さて、今年もたくさんお金が戻ってくるといいなぁ〜


JUGEMテーマ:日記・一般

国立美術館、高校生無料に

 4月から高校生と18歳未満の人の国立美術館の入館料、所蔵作品展(常設展)、特別展、が無料になるそうです。
 無料になるのは東京国立近代美術館(東京都千代田区)、京都国立近代美術館(京都市)、国立西洋美術館(東京都台東区)、国立国際美術館(大阪市)、国立新美術館(東京都港区)の5つ。共催展は有料ですが、少し値下げするそうです。

 いいですよね!! といっても、私自身が美術館に行って「面白い」と思い始めたのは大学入ってからだから、無料化しても高校生のお客さんがすごく増えるかどうかはわかりませんが…^^;
どうせなら、大人も含めて全体に値下げしてほしいなぁ〜

 でも、高校生の皆さん、ぜひいろんなものを見て、視野を広げてくださいね〜

 ちなみに私は、基本的には印象派の絵が好きです。モネの睡蓮シリーズも好きだけど、ドガの踊り子シリーズが特に好き! あの優しい線と生き生きした舞台の雰囲気に惹かれます。


JUGEMテーマ:ニュース

「ノアの洪水」の日

 今日は「ノアの洪水」の日なんですって! 知ってました!?

 旧約聖書には、ノアが600歳の時の第2の月の17日に「洪水」が起きたと書かれています。40日間雨が降り続いて、全世界が水の中に飲み込まれ、1年後の第2の月27日に水が引いて、また地上が現れました。
おもしろいですね!

 でも旧約聖書の暦って、私たちが使っているものとまったく同じなのでしょうか?? つまり「第2の月の17日」って、本当に私たちの「2月17日」なんでしょうか?
知りたい!!

 ちなみに今日は「雪の特異日」でもあり、東京で雪の降る確率が高いらしいのですが、今年はその前にいっぱい降ったせいか、今日は降りませんでしたね!


JUGEMテーマ:日記・一般

春の兆し

 まだまだ寒い日が続いていますね。
でも、先日学校のそばの梅園を見たらつぼみがふくらみ始めていました。
通勤途中の菜の花畑も黄色くなってきました!
少しずつ春が近づいているんですね。

皆さんのまわりにも「春の兆し」ありますか?


JUGEMテーマ:日記・一般

ホテル・ルワンダ

評価:
ドン・チードル,ソフィー・オコネドー,ニック・ノルティ,ホアキン・フェニックス,テリー・ジョージ,ケア・ピアソン
ジェネオン エンタテインメント
(2006-08-25)
 1994年、100日で100万人が虐殺されたルワンダ事件の中、1200人の命を救ったホテルマンの実話を映画化したものです。
「シンドラーのリスト」のときも思いましたが、どちらも正義感ぶった人が「助けてやる!」という意気込みでそれをしたのではなく、成り行きでそういう立場になってしまい、結局人を助けているんですよね。
逃げようと思えば自分だけ逃げられるのに、やはり見捨てられない、と人々に手をのばしていく。自分の命とプライドをかけるってそういうことなんですね。

 その中で、とてもドキッとしたことがありました。
 白人のカメラマンが街中の虐殺シーンを取ってきて、それが世界的にニュースに流されることになります。主人公がそれを見て、「きっと世界中が私たちを助けに来てくれる」と期待します。
でもカメラマンは「それは違う。人々はこの映像を見て『怖いね』と言って、夕飯を食べ続けるだけだよ」と言うのです。

 本当にそうなんですよね。ニュースでどれほどひどいことが行われているかを見ても、私たちにとっては「他人事」「遠い国の出来事」。
「ルワンダの大虐殺」のことも事件としては知っていましたが、背景も知らなかったし、そのときに何が行われたのか、欧米諸国が(もちろん日本も)何をして何をしなかったのか、知りませんでした。
 もっともっと知らなくてはいけない、知りたいと思わされました。


JUGEMテーマ:映画


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Counter

ブログパーツUL5

Clock

LINKS

DFF ワンクリック募金
クリックで救える命がある。

クララさんが管理されているブログ
「いじめられている君へ」

 

けいじばん



gremz

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM