教育実習生

 ミントのクラスにきていた教育実習生が昨日で1ヶ月間の実習を終えられたそうです。最初に来た日からミントは大喜びで、ずっと話しかけていたみたい(笑)
オレンジのランドセルにオレンジのジャンバーを着ていたので、「オレンジの好きなミントちゃん」とすぐに覚えてもらえたそうです!

 あー先生、きっと慣れないことばかりで大変だったでしょうね。
お疲れ様でした!
ぜひ子どもたちといっしょに泣いたり、笑ったりできる素敵な先生になってくださいね♪

 職場にも教育実習生が来ます。教育実習でますます「先生になりたい!」という思いを強くする人、「やっぱり自分には向いていないのではないか?」と思う人、いろいろですね。
現場に出る前にこういう実習の期間があるって、きっと大事なのでしょうね。
もちろん教育実習と、本当の仕事はまた違いますけど。

 ちなみに私は教職課程を取っていたのですが、途中で挫折して教育実習に行きませんでした…^^;

泣き顔 今日のミント
うわーん!あー先生いっちゃったよー悲しい
あー先生がいなくなったらクラスの皆はしょんぼり。しょんぼり
いい先生になってね!きのこブルー

メールアドレス変更

 ひかりになってプロバイダーが変わったため、自宅のメールアドレスを変更しました。
そこで、膨大に膨れ上がってしまった自分のアドレス帳を見直していきました。

 アドレスを登録してあるものの、一度もメールを出したことがない人、おそらくこの先も出さないであろう人は削除。一時期仕事上の付き合いがあったが、今はもうまったく付き合いのない人も削除。
残った人たちに、アドレス変更のお知らせメールを送りました。

 その結果「メールが送れませんでした」と返って来てしまったものが2、30件。
ある程度予測はしていたことですが、それを見ながら確認作業をし、こちらのアドレス帳から削除していきました。

 パターンとしては、転職や引越しなどであちらのメールアドレスが変わったけれど、それをこちらに知らせてこなかったというパターンが多い気がします。まぁ、それぞれ事情もあるし、納得できるのでいいのですが、やっぱりちょっと寂しいですね。


 そのとき、ふっと、高校生たちが「アド変」の話をしていたのを思い出しました。
高校生たちに「なんでそんなに頻繁にアドレス変更をするの?」と聞いたことがあります。
一つは迷惑メール対策です。でももう一つの理由は「友達確認」だというのです。
つまり、アドレスを変えて「アドレスを変えました」のメールを送る、それで戻ってきてしまったら相手が自分にアドレス変更を教えてくれなかったということだから、こっちもアドレス帳から削除するというわけです。
それを定期的にして、友達確認をするのだそうです。(もちろんこの話は一部の高校生のことで、みんながそうしているというわけではありません!)

 そのときは「へぇ〜」と思いましたが、今になってみるとそれはわかるような気がします。
メールアドレスだけでつながっている人間関係、意外と自分にもあるのね…

ピアノの発表会

piano

 ミントのピアノの「ミニミニ発表会」がありました。
ピアノを習い始めて1年半。とても楽しくやっています!

 今回は「思い出のアルバム」と自分で作曲した「四季」という曲を弾きました。
とっても上手に弾けましたよ〜

gakufu

 作曲は、ピアノから帰る車の中でしています。
ミントが思いついたメロディーにタイトルをつけたり、タイトルから連想するイメージを音にしたり。
時にはすぐに楽譜に書かないので、せっかく考えたのを忘れてしまうこともあるのですが…^^;

 どうやらミントは、歌もピアノも大好きなようです♪
音大に行くと言い出したらどうしよう… お、お金が…


るんるん それから、最後に先生がショパンの「子犬のワルツ」と「バラード第3番」(だったと思う)を弾いて聞かせてくださいました。
とっても細くて小柄な先生なのですが、どこからこんなに力強い音が出るんだろう??というぐらいすごかったです。

 その先生の言葉がとっても印象に残りました。
先生は、実は指を怪我されて、以前ほど思うように弾けなくなってしまったのだそうです。
でも「そんな私でもがんばれば弾けることを皆さんに知って欲しいと思います」と言われ、弾いてくださいました。とても素敵な演奏でした。

 このところ、「勝ち負け」の話を書いてきましたが、先生の話を聞いて、結局「勝ち負け」って自分との勝負なのかも、と思いました。
もちろん他の人との勝負はありますが、それは一つの結果。

 自分が自分に対してどこまでがんばれるか、昨日の自分よりちょっとでも成長できるかどうか、そういう「勝負」が大事なのかな。
 だとしたら、私も自分に対して「勝負」しなくちゃね!

わーい 今日のミント
ミニミニ発表会たのしかったよ
「四季」の春は、あたたかい風のイメージで「春のそよ風」桜
夏は、ぐんぐん伸びる「ひまわり」植物
秋は、秋のもの悲しい「秋の風」もみじ
冬は、ちらちら舞い降りる「雪」結晶 のイメージで作りました。
きのこブルー

教育的配慮

 ある学校の運動会での話し。
「個人に順位をつけるのは教育的配慮に欠けます。なので、個人の徒競走はやめにして、クラス対抗リレーにしましょう」ということになりました。
 これならクラス単位なので、個人で誰が足が遅いのかはわかりにくくなるからいいだろうということのようでした。

 ところがその年は、運動会の練習のときから次々にケガ人が出ました。また、「運動会に出たくない」と訴える生徒たちがいつもよりも増えました。

 話をよく聞いてみると、「クラス対抗リレーで自分が足を引っ張っているんじゃないかと、すごく気になる」ということでした。
クラスの人から『お前が遅いから負けちゃうんだよ!』、『お前、当日休め!(そしたら早い人が2回走ることになる)』などと言われている子もいました。
また、個人で走るなら適当なところで手を抜けるけど、クラス対抗だと周りの子からの圧力を感じて手を抜けないから、それで無理しすぎて怪我をしてしまったという子も多かったのです。

 教育的配慮って何でしょうね???

勝ち負けの話

 昨日の続きをもう少し。

 私は「勝つ」ことは大切だと思います。だから、もちろん「どう勝つか」も大事だと思います。
「勝ちたい」という気持ちがあるからがんばれる、もっともっと上を目指す、そういうことってありますよね。

 でも「勝つことだけがすべて」であって欲しくないと思うのです。
「勝った者がエライ、負けたものはダメダメ」そうではないと、子どもには知ってほしい。

 それから、人には得意不得意があることも知って欲しいです。
「Aちゃんは走るの苦手かもしれないけど、算数は得意!」
「B君はお勉強は苦手かもしれないけど、絵を書かせたらとっても上手!」
そんなふうに、人の得意なところを見つけてあげられる人になってもらいたいですね!

 きっと、ミントのクラスでも「へぇ〜この子は百人一首、得意なんだ! すごいなぁ〜」っていう子がいるはず。そしたら、素直にその子のすごいところを認めてあげられるひとになってもらいたいです!

 「平等」っていうのは、みんなが同じってことではないんですよね。
個人の能力差を見せないようにするってことではないんだと思います。
個人の能力差はある、でも「みんな違ってみんないい」!
そうあって欲しいです。

ラッキー 今日のミント
私は、棒高跳びがちょっと苦手だけど音楽と図工と算数とプールがとくいです。きのこブルー
理科は楽しくてだーい好き結晶

百人一首大会

 ミントの学級で、このところ毎日「百人一首大会」が行われています。
1から20番までの札で、クラス全員がペアを組んで1対1で勝負します。強い順に教室の端から並び、自分の前後どちらかの人と対戦です。
 勝てば一つ順位が上がり、負けた人と場所を交換。つまり、勝負の結果でクラスの1番から最後の人までくっきりわかってしまいます。

 最初聞いたときは、「勝敗をつけるのはやめましょう」という風潮の中、先生も思い切ったことするなぁ〜と思いました。
でも、勝負の後の先生のかけ声があるのです。

「勝つも負けるも時の運。
相手がいるから 勝負ができる。
ニコニコ笑顔で ありがとうございました!」

 この「ありがとうございました」のときに、子どもたちに握手をさせるのです。
とてもいい教育指導だなと思いました。

 確かに「勝負をつけない」という配慮の方向もあるでしょう。
でも「勝負をつけるけど、負けた相手をバカにしたりしない、負けた方もふてくされたりしない! 勝ち負けだけが大事なのではなくて、勝った方も負けた方も相手を大切に思う気持ちを持ちましょう」というのはとても大切だと思います。

 競争社会の「悪」をいくら声高に叫んでも、おそらくこの構造はそう簡単には崩れないでしょう。
今「競争をさせない」ことで子どもたちを守ったとしても、彼らがこの先でていく社会は残念なことにやっぱり「競争社会」なのです。
 その中で「どう勝つか」よりも「勝ったらどうすればいいのか、負けたらどうすればいいのか」を学ぶことが必要なのかなと思います。

てれちゃう今日のミント
私のクラスで百人一首をしています。きのこブルー
私はちょうどまん中です。桜まん中は中級です。
強敵がたくさんいます。

漢字の書き順

 ミントの宿題を見ていて、一番困るのは「漢字」です!
パッと思い出せない、子どもが書いているものを見ていうちに正しい字がわからなくなってしまう、そういうこともあるのですが、一番困るのは書き順!
私自身も漢字は苦手意識が強く、書き順は特に覚えられなかったのです。
だからミントに教えようにも教えられない!ということがよくあります!

 というわけで、こんなサイトを見つけました!
「漢字の正しい書き順」
これで調べれば、一発で正しい書き順が出てきます〜

 例えば、昨日は「美」という漢字を調べました。
お恥ずかしながら、私は昨日までこの字が「チョン、チョン、王、大」という9画だとは知りませんでした^^;
てっきり「チョン、チョン、四本線、人」の8画だと思っていたのです。

 いや〜、勉強になります!
もちろん大人になってしまえば、パソコンや携帯の世界だから漢字を書くこと自体減るし、書くとしても書き順をチェックされるということはまずないので困りはしないですけどね。
でも、できれば子どもには正しく覚えてもらいたいし、きれいな字を書けるようになって欲しいですからね。

 皆さんも、もしお子さんの漢字練習で困ったら、このサイトがお勧めですよ〜

たらーっ今日のミント
えへへー鉛筆 漢字って難しいね。
私はキレイさにこだわりすぎて、テストの時間がなくなっちゃった(笑)きのこブルー

工事現場のおじさん

 仕事に行く途中、工事現場の近くを通ります。
そのとき、ダンプが現場に入るために、交通整理をしているおじさんがいました。
そのおじさん、片側の車線の車を停める合図をしながら、大きな声で
「朝のお忙しい時間に申し訳ありません!」
「ご迷惑をおかけしています」
「このダンプが入ったら、すぐにお通ししますから!」
と車やバイクの運転手さんたちに言ってるのです。

 交通整理の方が会釈をするのはよくあることですが、こんなふうに大きな声であいさつをしてくれる方は初めてでした。
そして通してくれた後、「ありがとうございました!お気をつけて〜」とまで声かけをしてくれました。

 なんだかホッとして、ちょっと元気をもらいました〜

ニコニコ 今日のミント
そのおじさんやさしいねウィンク
私もそういう人になりたいなーきのこブルー

街で見かけた…

かわいいあの子^^

neko1

ちっちゃくてふわふわ〜〜!!
もう、連れて帰ってしまいたいぐらい!

と思ったらもう一匹!

neko2

兄弟なかよく、ひなたぼっこ!


携帯の方、ちゃんと写真見れてますか??

仕事机

tukue

 9月から新しく行き始めた職場の机です(笑)
まずまず快適、行くとデール君がお出迎えしてくれます!

 夏から新しい仕事がいくつか入り、バタバタと過ごしてきましたが、ようやくペースがつかめてきたところです。
 でも、最近「忙しい」ということを言い訳にしている自分に気付かされ、軌道修正していかなければと思っています。
できるだけシンプルに効率良くやること。
そして本当に必要なこと、大事なことに自分の時間とエネルギーをきちんと割り振っていくこと。
これが今の自分の課題だなと思っています。
(それもあって、HPの縮小とブログの引越しをしてみたのですが、果たしてうまくいくのでしょうか??)


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Counter

ブログパーツUL5

Clock

LINKS

DFF ワンクリック募金
クリックで救える命がある。

クララさんが管理されているブログ
「いじめられている君へ」

 

けいじばん



gremz

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM